模範解答速報とは

不動産鑑定士試験の模範解答速報を手に入れる方法をいくつか紹介します。
まず、不動産鑑定士試験の終了後に会場出入り口付近で模範解答速報を受験対策学校のチラシと共に配っている人がいます。(受験者数の少ない会場では配布していないこともります。)
そこで手に入るのはすべての問いの模範解答速報ではなく、ごく一部です。帰宅してからは、模範解答速報を配布していた各受験対策学校のサイトを確認してください。そちらでは、不動産鑑定士試験の全問の模範解答速報が公開されていきます。

不動産鑑定士試験とは

平成26年度 不動産鑑定士試験
1.試験日
短答式試験:平成26年5月11日(日)
論文式試験:平成26年8月2日(土)、3日(日)、4日(月)

2.試験会場
短答式試験:北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都特別区、新潟県新潟市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、広島県広島市、香川県高松市、福岡県福岡市、沖縄県那覇市
論文式試験:東京都特別区、大阪府大阪市、福岡県福岡市

3.合格発表日
短答式試験:平成26年6月27日(金)
論文式試験:平成26年10月17日(金)

試験の詳細については、国土交通省のホームページにて、不動産鑑定士の試験案内が公開されていますので、そちらをご確認ください。

模範解答速報の信頼性

有名な受験対策学校のサイトで発表されている模範解答速報ですが、間違いがないとは言い切れません。毎年数問くらい異なるものがあります。模範解答速報の信頼は9割5部ぐらいで考えておくと良いでしょう。

通信講座とは

不動産鑑定士試験に合格するためには、大まかに3つの手段があります。まずは、テキストなどを購入して、独自に勉強する方法です。次に、資格の専門学校へ通学して講義を受講する方法です。そして、通信講座で受講する方法です。それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、一般的に通学による受験対策の合格率が高くなるといわれています。それは、講師の気の入れようによりポイントの重要性の強弱がおこなわれ、重要ポイントを意識して勉強できるところにあります。 一緒に勉強する仲間を手に入れることができるのも通学講座のメリットでもあります。